d払いのメリット・デメリットを紹介!登録方法・使い方・使えるお店一覧まとめ

新サービス・新商品・再販

dd兄弟のCMでおなじみのd払いは、ドコモが運営するスマホ決済です。キャンペーンが継続的に開催されているのでお得に利用しましょう!ドコモユーザー以外の方も利用することができますが使う際には気を付けるべき注意点があります。これから説明していきますね。

スポンサーリンク

d払いのメリット・デメリット

ドコモのスマホ決済には、おサイフケータイとして使える「iD」(アイディー)とQRコード決済として使える「d払い」があります。iDとd払いは異なるものなので間違えないようにしましょう!

メリット

  • ドコモユーザーは、4桁のパスワード入力だけで使えてはじめやすい
  • ポイントがザクザクたまるキャンペーンを随時開催中
  • 2段階認証+不正利用被害補償あり(審査や所定の手続きあり)
  • クレジットカードを登録しなくても銀行口座や、コンビニでチャージができる

d払いは始めやすさだけでなく、不正使用を防止するための安全対策もされています。

デメリット

  • d払いのアプリをインストールする必要がある
  • iDに比べて利用できるお店がまだ少ないが今後拡大する予定
  • 対象条件がドコモユーザー・dカードが優先キャンペーンがある
  • ドコモユーザー以外は、dアカウント(無料)が必要

という点がデメリットとしてあげられます。d払い利用確認メールは届きますがポイントの確認がそのばではできないところがです。

ドコモユーザーではない方は、「口座払い」にすると対象キャンペーンになる方法もありますので最新のキャンペーンを確認してから利用しましょう!

最新のキャンペーンはこちらから確認できます。

 

d払いの登録方法・使い方を紹介

d払い登録方法

dアカウントをお持ちでない方は、事前に作成したうえで

  1. アプリをダウンロード
  2. dアカウントのIDを入力
  3. dアカウントのパスワードとメールで届くセキュリティコードを入力
  4. 職業と利用目的を選択して「次へ」をタップ
  5. お得な情報の通知とメールを受け取るか選択して「次へ」をタップすれば完了です。

使い方

口座残高を確認して、必要に応じてチャージをしてからお店へ行きます。(クレジット連携の場合は、チャージは必要ありません。)レジで「d払いで」と言ってください。バーコードに対応しているお店なら、画面を見せるだけ。対応していなくても、お店のQRコードを読み取れば、お店の人が確認をかねてあとの操作を案内してくれます。

支払い方法

  • ドコモの携帯電話合算(ドコモユーザーのみ)
  • クレジットカード連携
  • チャージ

チャージの仕方はこちら⇓

d払いアプリでチャージ方法を選択します。

銀行口座
セブン銀行ATM
コンビニ
オートチャージが選べます。

詳しいチャージの仕方はこちらを参照ください。

d払いが使えるお店一覧まとめ

コンビニ

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ローソンストア100
  • ポプラ
  • スリーエイト

ドラッグストア

  • マツモトキヨシ
  • ウエルシア薬局
  • スギ薬局
  • ココカラファイン
  • ツルハドラッグ
  • サツドラ
  • TOmod’s
  • 薬王堂
  • Vドラッグ
  • セイムズ
  • コクミン
  • Kirindo
  • スギヤマなど

飲食店

  • かっぱ寿司
  • 松屋
  • 吉野家
  • ガスト
  • ステーキ宮
  • 牛角
  • 和民
  • カルビ大将など

 

家電量販店

  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • ノジマ
  • ビックカメラ
  • Joshin他

その他

  • 高島屋
  • 東急ハンズ
  • IKEA
  • ゲオ
  • ビッグエコー
  • ラウンドワンなど

使えるお店は増えているので、定期的にチェックすると近所のお店が使えるようになっていたということもありますよ。

筆者は、新聞折り込みチラシと店頭での告知ポスターでd払いが使えるお店を公式サイトより早いタイミングで知りました!

まとめ

d払いのメリット・デメリットを紹介!登録方法・使い方・使えるお店一覧まとめを紹介しました。

d払いもキャッシュレス決済の一つではありますがドコモを利用している方は携帯電話合算支払いが大きなメリットの一つです。

 

 

スポンサーリンク

コメント