エネキーの使い方・対応店舗・登録時におすすめのクレジットカードの紹介

新サービス・新商品・再販

こんにちは!まいです!

2019年7月1日から始まったガソリンスタンドで使えるキャッシュレス決済「エネキー」が利用開始されましたね。キャッシュレス決済が流行っていますが「エネキー」は、

  • どんなキャッシュレス決済なの?
  • 使い方や使える店舗は?
  • 登録のときにおすすめのクレジットカードはあるの?

とエネキーを利用するにあたって気になることが色々出てきたので代わりに調べてみた結果、楽天カードやENEOSカードが、コスパもよく使い勝手が良いことがわかりました。今回は、エネキーの使い方と対応店舗・登録時におすすめのクレジットカードをご紹介します。

ガソリンの割引ならENEOSカード詳しくはこちらをタップ

スポンサーリンク

エネキーは、究極に簡単でスピーディなキャッシュレス決済!

キャッシュレス決済には、PayPayや楽天Payのようにスマホにアプリをインストールして利用するものや、クイックペイのような非接触型キャッシュレス決済があり、エネキーは給油時の面倒を軽減する非接触型キャッシュレス決済です。エネキーの特徴と強みを詳しくご紹介していきます。

エネキーがスピーディで簡単な理由

エネキーがスピーディで簡単な理由をピックアップしました!

  • キー型の非接触型キャッシュレス決済
  • クレジットカードの紐付けで簡単支払い
  • Tポイントカードの連携ができる
  • 簡単スピーディな決済が可能
  • 入会金・年会費無料

エネキーが便利でオトクな理由

エネキーが便利でオトクな理由をピックアップしました!

  • キー型なので車のキーと一緒に取り付けられる
  • クレジットカード紐付けのキャッシュレス決済なのでスマホなしでOK
  • ENEOS店舗専用キャッシュレス決済
  • 特別提携クレジットカード利用で更にお得
  • Tポイントカードと連携ができる
  • 万が一の紛失・盗難補償付き

エネキーの一番の強みは、ガソリンスタンドに到着して、スマホやクレジットカードを出す必要もなくスピーディに給油ができる便利さが一番ではないでしょうか。

エネキーの使い方はこちら!

こちらの記事では、エネキーをすでに申し込んだ方向けに記事を作成していますが、まだエネキーの申し込みはしてないけど申込み方法も気になっちゃった方は、こちらの記事を参考にしてください!→エネキーのキャンペーン申込み方法・新規特典・補償内容を紹介!
エネキーの特典・割引は?登録前に気をつけたい注意点まとめ

エネキーの使い方は、簡単!キー型のエネキーを電子決済を読み取るリーダーにかざすだけです!

リーダにかざすと、「エネキー!」と言います!↓

エネキーが使える対応店舗

エネキーを利用できる対応店舗は、全国にあるENEOSセルフスタンドのみです。エネキーの対応店舗は以下から検索することができます。

エネキー対応店舗の検索方法はこちら!

エネキー対応店舗を検索するにはこちらから検索することができます。↓今すぐ検索したい方はこちらから↓

エネキー対応ENEOSサービスステーションを検索するにはこちらをタップ

1.エネオスサービスステーション検索から、「Enekey」にチェックを入れて検索したい都道府県を選びます。

愛知県豊田市を例に検索してみると、豊田市付近でエネキーが使える店舗を検索することができました!

画像参考:https://eneos-ss.com/search/ss/pc/top.php?cb[]=82

利用する場所にもよりますが、エネキーが使える場所が多い地域の方は便利に利用できるのではないでしょうか。

対応店舗を検索するにはこちらをタップ

スポンサーリンク

エネキーの登録におすすめなクレジットカードを紹介

エネキーは、手持ちのクレジットカードを登録して利用を始めることができますが、どうせならお得なクレジットカードを登録したいですよね。エネキーには、ENEOSカード・特別提携カード・一般提携カードの3種類の分類がありそれぞれに特典が異なります。こちらでは、どういった特典があるのかをわかりやすく一覧でまとめました。

ENEOSで使える値引き・ポイント付与が可能なENEOSカード

ENEOSカードには、「C」「P」「S」の3種類のカードがあります。ガソリンの値引きを重視する方は、エネオスカードがおすすめです。ただし、初年度無料とはいえ年会費がかかることを考えると翌給油する人にメリットが高いと言えます。

エネオスカードC・・・毎月の利用料金によってガソリン値引き(1円~7円引き) 年会費1250円(初年度無料)ロードサービス月→毎月の利用料金が多い方向け
エネオスカードP・・・ポイント3%の高還元 年会費1250円(初年度無料)ロードサービス付き→ガソリンスタンド以外にもショッピングなどでカードを利用する方向け
エネオスカードS・・・ガソリンいつでも2円引き 年会費1250円(初年度無料)ロードサービス付き→利用料金が少なくても多くてもいつでも2円引きして欲しい方向け
※年に1回の利用で次年度も年会費無料
詳しい情報はこちらをタップ↓

エネオスでの利用で特典がつく特別提携カードはこちら

特別提携カードは、エネオスでの支払いで利用することでメリットがあるカードのことです。エネキーに登録できるカードの種類は、次の8種類があります。

  • 楽天カード・・・ポイント最大1.5倍(年会費永年無料)
  • dカード・・・ポイント最大1・5倍(初年度無料・2年目以降利用なしの場合1250円)
  • TSーCUBIC・・・ポイント1.5倍(初年度無料、2年目以降400円)
  • ANAカード・・・マイル追加(年会費あり)
  • JALカード・・・マイル2倍(年会費あり)
  • ビューカード・・・ポイント2倍(年会費あり)
  • レクサスカード・・・ポイント1.5倍+ガソリン3%引き(年会費あり)
  • セブンカード・セブンカードプラス・・・ポイント2倍(2019年7月1日申し込みより年会費無料)

エネオスカードと、特別提携カードはすでに優待されているということで「Tポイント」を連動することができません。

筆者がおすすめするクレジットカードは楽天カード

エネオスカードや特別提携カード更には一般カードの中で、使い勝手が良くてポイントのメリットも受けられるカードといえば、「楽天カード」だと思います。

おすすめポイントは、

  • 年会費永年無料
  • 新規入会で2000ポイント&1円以上の利用で3000ポイントプレゼント(2019年7月13日現在)
  • 100円で1ポイントたまる楽天カードがエネキーでの利用で、最大1.5倍のポイント付与
  • 楽天ポイントは、楽天市場や、楽天ペイでも色々使える!

デメリットがあるとすればTポイントカードとの連携ができないことぐらいでしょうか。利用金額も1円でも使えばいいので楽天ポイントをもらわないのは損です。

Tポイントを溜めたい方は、特別提携カードにはありませんがYahoo!JAPANカードを連携してTポイントを効率よくためましょう!
楽天カードを申し込む方はこちらをタップ!

ガソリンの割引ならENEOSカード

ポイントとかはいらないから、ガソリンの割引をしたい!という方は断然エネオスカードがおすすめです。エネオスカードの中でも、エネオスカードSは、給油が少ない方でもいつでもガソリンが2円引きのメリットがあるカードです。一度でも利用があれば次年度の年会費が無料になります!

エネオスカードS・・・ガソリンいつでも2円引き 年会費1250円(初年度無料)ロードサービス付き利用料金が少なくても多くてもいつでも2円引きして欲しい方向け
※年に1回の利用で次年度も年会費無料



まとめ

エネキーの特徴と使い方・対応店舗・登録時におすすめのクレジットカードまとめを紹介しました。

  • エネキーは、クレジットカード連動の簡単スピーディ決済!
  • 使い方は読み取り機にかざすだけ。使える店舗は全国のENEOS店舗
  • 筆者が登録のときにおすすめのクレジットカードは「楽天カード」

です。新しく導入されたエネキーの新規申し込みはお近くのENEOS店舗での取扱のみです。筆者は、いつもクレジットカードでガソリンを入れていたので「ピッ」で終わるエネキーは非常に便利ですよ。ぜひお試しくださいね!

スポンサーリンク

コメント