ラグビー公式リセール対象外チケットを友人や家族に譲渡する方法は?代理人観戦委任状の書き方を紹介

イベント・行事

こんにちは!

9月に入ってからラグビーワールドカップチケットのリセールの影響でしょうか、公式サイトがアクセスしにくくなる状態が続いていますね。

今回は、公式サイトでのリセール対象外のチケットが

  • 公式サイトでリセールできない場合、本人名義のチケットは他の人に譲れるの?
  • 委任状とかいるの?

と、気になったのでどうにかして調べてみたところ公式サイトリセール対象外のチケットは、「代理人観戦委任状」があれば本人でなくてもラグビー観戦が可能ということがわかりました。今回は直接公式運営にメールで取材してみましたので、その様子もシェアしつつ公式サイトリセール対象外のチケットを他の人に譲る方法と委任状の書き方をご紹介します。

スポンサーリンク

公式サイトリセール対象外チケットの種類は5種類

公式サイトのリセールが行えないチケットはこちらの5種類です。

  • セット券(チームパック・スタジアムパック)
  • プレミアムシート
  • スポーツ・ホスピタリティ
  • RWC2019公式トラベルパッケージ
  • 公式ホスピタリティパッケージ

本人名義のラグビーワールドカップ公式リセール対象外チケットの譲り方は?

ラグビーワールドカップのチケットをリセールしようと思ったら、対象外チケットだった!という方は、「代理人観戦委任状」があれば観戦が可能です。

ツイッターの口コミにもリセール対象外チケットについて投稿がありました。

スポンサーリンク

9月6日(金)時点では、ツイッターでの譲渡依頼を確認していますが、譲渡したい方も譲り受けたい方もリセール対象外チケットは穴場かもしれません。 

代理人観戦委任状の取り方を紹介

リセール対象外チケットをお持ちの方でチケットを譲りたいけど代理人観戦委任状ってどうやって書くのかわからないですよね。

  • 公式の書式があるのか?
  • 委任状の必要項目ってなに?
  • 本当に代理人観戦委任状があれば入場できるのか?

というところも気になるところです。そこで筆者も仕事で行けなくなってしまい困ったなと思ったので事務局にメールで問い合わせをしてみました。

※9月11日情報追記※ラグビーワールドカップ2019カスタマーセンターより回答いただきました。⇓

購入者本人がやむを得ず観戦できないときは、名義の変更はできかねますが、代理で観戦いただくことが可能です。

チケット購入者の1枚をご利用いただく場合、ご購入の方が自著した代理観戦の委任状(観戦できない理由、代理観戦者の氏名、購入者との間柄<家族/友人・知人等>を記載)を代理観戦される方にお渡しいただくとともに、代理観戦の方ご自身の写真付き身分証明書を携帯いただきますようお願いいたします。

不正な二次流通サイトでの購入等の疑いが生じた場合、チケット規約に基づき当該チケットは無効となり入場・観戦をお断りすることがありますので、ご了解ください。

筆者がやり取りしたチケットカスタマーセンターの方の対応は非常に丁寧でした。筆者のようにリセールチケット出来ないチケットを譲りたい方は、参考にしていただけたらと思います。

決して悪用しないでくださいね!次に委任状の項目をご紹介しますね。

代理人委任状の書き方

ラグビーワールドカップチケットの代理人委任状に必要な項目は以下の項目です。

  • 委任年月日
  • 委任者の氏名
  • 代理観戦者の氏名
  • 購入者との間柄<家族/友人・知人等>を記載
  • 観戦できない理由
  • 押印(必要があれば)

特に、書式は決まっていないようなのでワードなどで必要項目を書いた代理人委任状を作成しましょう。

代理観戦者の方は、当日写真付きの身分を証明するもの(免許証など)が必要になりますのでお忘れなく!

まとめ

ラグビーワールドカップ公式リセール対象外チケットの譲り方は?代理人観戦委任状の書き方を紹介しました。

  • 公式サイトでリセールできない場合他の人に譲れる可能性あり
  • 本人名義のチケットは名義変更が不可なので代理人観戦委任状は必要

です。上記項目を参考に委任状を作成してスムーズな譲渡を行ってくださいね!

スポンサーリンク

コメント