高速道路の120キロ制限の場所一覧まとめ!試行期間や軽自動車の制限は?

速報

こんばんは。まいまいです。

高速道路の一部区間が120キロ制限に引き上げとのニュースを目にしました。高速道路の制限は、100キロじゃないの?一気に20キロも上がって大丈夫なの?と思いながら、制限撤廃の背景を調べてみました。

今回の制限引き上げの内容を一通り調査したところ、

  • いつまでなのか
  • どこでやってるのか
  • 軽自動車はどうなるのか

という点が気になるポイントとして出てきました。上記3点のポイントを詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

高速道路の120キロ制限の場所一覧まとめ!

高速道路で120キロ制限の場所はこちらの2区間です。

新東名高速道路 森掛川IC-新静岡IC間
静岡県 約50キロの上下線

東北自動車道 花巻IC-盛岡南IC間
岩手県 約27キロの上下線
こちらの2区間は、以下の地図を見てもわかるようにカーブも緩やかで見通しも良い道路と言えます。
画像参考:グーグルマップ
◇補足
速度制限が引き上げられた背景は、クルマが実際に走っている速度と規制速度に隔たりがあって、適正な実勢速度が保たれていないから、制限速度上げて試してみよう!となりました。

試行期間

現在発表されている試行期間は約1年の予定です。
2019年3月1日午前10時~2020年3月1日まで(2019年3月12日現在)

120キロ制限の試行期間を経て、

  • 一定の安全の確保
  • 走行速度の変化
  • 事故発生状況

を分析し、他路線・区間の引き上げを検討する見通しです。

軽自動車の制限は?

今回の120キロ制限引き上げの対象には軽自動車も含まれます。反対に、大型トラックは対象外で80キロ制限のままとなります。

筆者の個人的意見ですが、軽自動車で120キロ出して走行したら、風圧や、ハンドルのブレが半端なく非常に怖い運転になるような気がしますが・・・。今後の運用方針が気になります。

 

まとめ

高速道路の120キロ制限の場所一覧と試行期間や軽自動車の制限についてご紹介しました。

  • 施行期間は1年の予定
  • 東北自動車道と新東名高速道路の一部区間
  • 軽自動車も120キロ制限の対象

ということがわかりました。110キロから120キロへ引き上げが行われた背景も踏まえて、来年以降制限速度が変わる高速道路が増えていくことが予想されますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント